心理カウンセラーの資格を取ろう|人を救う医療人になる

ノート

看護師を目指す学校

勉強道具

将来は看護師になりたい、ナイチンゲールのように患者さんの不安を取り除いてあげたいと考えている人は、看護の専門学校に通うと適切です。看護師になるのは高校を卒業した後、専門学校か医療系の大学に通います。最近では看護をメインにしている看護大学が増えているため、多くの人が看護大学に進学します。しかし、大学では4年間学ぶ必要があるため、すぐに医療現場で活躍したいと考えている人には適していません。そのような人や、社会人から看護師を目指す人は専門学校が適しています。また、看護の専門学校によっては、働きながら学べるところもあります。病院が入学金や学費を援助してくれるので、資金に余裕のない人でも専門学校に通うことができるのです。夢を現実にしたい人は、看護の専門学校で憧れの看護師になりましょう。

看護の専門学校では、戴帽式が行われています。戴帽式は、一定の技術や知識を満たした生徒が先生からナースキャップが授与されるものです。より一層看護の道を極めると胸に誓い、病気や怪我に苦しむ人を献身的に支える責任感を担うことが目的です。また、戴帽式ではナイチンゲールが戦時中、ろうそくの灯りだけを頼りに患者を見て回ったことから、キャンドルを持つことが一般的です。さらに、ナイチンゲール誓詞を朗読します。これらの行事ができるのも、看護専門学校ならでの魅力です。自分に適した専門学校を見つけ、看護師になるための心構えや意気込みを習得しましょう。看護師としての自覚や責任感、仲間との結束を高めたい人は、看護の専門学校に通うと適切です。また、専門学校によっては寮を完備しているところもあるので、上京したい人や自立して看護の道を極めたい人に最適だといえます。