心理カウンセラーの資格を取ろう|人を救う医療人になる

ノート

柔道整復師の魅力

女性

整骨院の先生やスポーツトレーナーになり、患者さんの怪我や健康をサポートしたいと考えている人は、柔道整復師の国家資格を取得すると適切です。柔道整復師と整体師の仕事内容は非常に似ていますが、得られる権利や資格、治療内容が異なります。より高度な技術を極めたい人や、多くの患者さんを笑顔にしたい人、自分の整骨院を開院したい人は柔道整復師を目指しましょう。柔道整復師は、骨や関節、人体、筋肉などの治療を行ない、怪我が治りやすくします。最近ではパソコンやスマートフォンの主流により、腰痛や肩こり、眼精疲労に悩まされる人が増えています。これらの症状を緩和させるため、整骨院を訪れる人が多くいます。そのため、柔道整復師は多くの人から支持される先生なのです。

柔道整復師になるには、厚生労働大臣が認定した学校に通う必要があります。高校を卒業した後、大学や専門学校に通い約2年から4年間、あらゆることを学びます。体の構造や健康について学び、固定法や整復法、後療法などを習得しましょう。卒業資格が得られたら国家試験を受けましょう。国家試験に合格したら柔道整復師になれます。そのため、ただ学校を卒業するのではなく、しっかりと試験に合格するために勉強や実習をきちんと習得することが大切です。また、柔道整復師は保険適用の治療が行なえます。より多くの患者さんに触れることができると同時に、医療現場で働くことになるため責任重大だといえます。柔道整復師を目指せる学校で、責任感や自覚を持つことも重要です。